白髭神社

e0142086_22362884.gif
e0142086_22371079.jpg今日は白髭神社の夏祭りでした。子供太鼓の巡行と練り込みがありました。公民館前には恒例の八竹会の売店がにぎわっていましたし、景品盛りだくさんのビンゴゲームで最後は盛り上がりましたが、おらは今年もスカでした。

以下は、おやじさん著「上福井の歴史」内の白髭神社の抜粋です。
祭神 大田命(おおたのみこと)
    猿田彦命(さるたひことのみこと)の末裔されているが、同一
   人物とする説もある。道開きの神として交通安全、海路・国
    土の守護や五穀豊穣、商売繁盛、厄除け祈願等に信仰が厚い
   祭礼の時神輿の先頭を切っていく、赤ら顔で、鼻の高い猿面
   の神が猿田彦 命である。

祭日 7月27日   現在は7月27日に近い土曜日
    明治10年 「丹後國加佐郡町村誌」と明治15年「上福井村
    地誌編輯取調書」には祭日7月24日となっているが、古老
    達は以前より7月27日であると主張している。
由緒 「古来ヨリ鎮座シアリ崇敬殊ニ厚シ」と上福井区文書白髭神
    社境内譲興申請書昭和23年に記載する。
棟札 「棟札 元文元丙辰天 奉建立白鬚大明神社」 元文元年は
    1736年 本殿に現存する。 
[PR]
by onidakecom | 2008-07-26 22:37
<< today`s visitor... おやじさんの ” 伝記 3 ” >>