人気ブログランキング |

赤花そば

e0142086_17262778.jpge0142086_17255450.jpg

e0142086_17271975.jpgおやじさんとおかみさんは、豊岡市但東町の「赤花そばの郷」に行って来たそうよ。おやじさんは以前から「赤花そば」とはどんな品種なのか気にかかっていたそうよ。店の人に尋ねてみるとそれはただの地名だったそうよ。品種は昔からの在来種できっと、1706年に出石藩主松平氏と 信州上田の仙石氏がお国替えとなり、 その際、仙石氏と供に信州から来たそば職人による「出石そば」に由来したものではないでしょうかよ。
 普通のざるそばと水そばと言うのがあり、それは甘みを出すために、そばの身を寒中に一度水にさらし、再度乾燥させた物だそうですよ。
 おやじさんによると、その違いもよく分からず、ますも庵のそばの方が断然美味しかったそうですよ。
 そう言われても、わてもその違いを味わってみたかったよ。

 豊岡市但東町赤花 


 
 
 
by onidakecom | 2011-05-05 17:48
<< そばフェナンシェ 創作 田植え >>