おやじさんの ” 伝記 1 ”

e0142086_1619640.jpgおやじさんの生い立ちをシリーズで載せたいと思います。一回目は産まれてから小学生の時代です。

1948(S23)年  舞鶴市大俣 井上武・春美の3男に生まれる。末っ子の甘えん坊でした。
1955(S30)年 岡田上小学校入学。学校まで4kmありバス通学でした。2年生の時、自宅の火災に遭う。自宅が炎上する様子は今も脳裏から離れませんが、大人になるまで火への恐怖は消えませんでした。台風時には自宅前の川が氾濫し床上浸水し、怖い思いをしたこともあります。近所の女の子とままごとや買い物ごっこをしたり、ほどいた毛糸をもらいマフラーを編んだ記憶があります。青白い顔をしており担任以外の先生より「しんどいのか?」と尋ねられる事がよくありました。高学年になると稲を刈り取った田んぼで野球をしていました。グローブは父の知り合いから貰ったもの、バットは木を削って作りました。ユニホームは買ってもらえず父の古いカッターシャツを使い、母にユニホーム風に縫ってもらいました。
[PR]
by onidakecom | 2008-05-24 16:31
<< today`s visitor... today`s visitor... >>